スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年ふりかえり

2014.12.31 10:30|kaiのひとりごと
2014年、ついに最後の一日となりました。
本当に一年過ぎるのがあまりにも早く、終わってみるとただただ呆気に取られるばかりですが、様々なことに挑戦し続けた、とても濃い1年間でした。
超超超超長文ですので、サラリとスクロールしちゃってください笑。

昨年法人化し、4月に屋号を「music space K-onn/Cafe Comodo」から「ond°」に変更しました。
「hum your life~人生を、口ずさもう~」をモットーに、音楽がより人々のくらしに根付き、幸せな人生をおくるためのサービスの明確化を図るべく、様々な新しいイベントを企画し続けた1年間でした。

4月の屋号変更に先立って、常懐荘アートマルシェや足助ゴエンナーレなど、古民家再生をテーマとしたイベントを企画運営されたオオノユキコさんとのコラボレーションで2月3月に行った、「コドモのオンド」と「オトナのオンド」。
コドモのオンドでは、ミュージシャン森香さんをフィーチャーし、この日のために森さんが書き下ろしたオリジナル曲「バレバレバレンタイン」をはじめとしたライブを中心に、お互いの顔写真を交換する「かえっこフェイス」や「音造奏太郎(おとづくりかなでたろう)」の楽器作りワークショップ、手作り焼き菓子やプチマルシェなど、様々な遊びを盛り込み、子供たちにも大人たちにも楽しんでいただきました。


オトナのオンドは、日本を代表するサックス奏者、川嶋哲郎さんのトリオを迎え、敢えて「和」の雰囲気を打ち出し「JazzとJapaneseの『J』」をコンセプトに、小布施ワイナリーがワインと同じ考え方で作る日本酒に、春を感じる郷土の一品料理を楽しんでいただきながら、日本の唄やジャズスタンダードの演奏を嗜むという、上質な時間を過ごして頂きました。
IMG_1411.jpgIMG_4419.jpgIMG_1415.jpg

パンデイロのグループレッスンの講師でもあるパーカッショニスト、ゲーリー杉田さんと共催のサンバパーティーもやりました。
チキンの丸焼きとブラジルワイン、そしてond°空間ではかつてないほどの音圧で踊り狂ったサンバ!
この心躍る感覚はやはり生でないと体感できません。
IMG_2038.jpgIMG_2076.jpg

カフェ百時さんとのコラボレーション「チーズケーキとゴスペル」も、楽しいひと時でした。
江﨑理子さん率いるEBLA座とever afterの2組の、オールドゴスペルをフィーチャーしたパフォーマンスは、涙を誘う物語がありました。
百時オーナー素美さんのチーズケーキへのこだわりにもストーリーがあり、味覚、聴覚、視覚が満たされた一日となりました!
IMG_6908.jpgIMG_6997.jpg

ond°のブランディングでお世話になった& Rainbow Inc.の村瀬さんの想いが形になった、貸切での金婚式パーティーは、親族全員がご両親の想いでの映像を流しながら演奏や歌を披露し、最後は僕たちも演奏。
涙なしでは終われない思い出深い一日となりました。
IMG_7581.jpg

個人的に一番力を入れた企画、永田純さんをお迎えした「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント講座」。
東海地区の様々な音楽シーンで活動する音楽家やライブハウスオーナー、作曲家や趣味で音楽を続ける人、音楽ではないが創作活動を続ける人たちが集まり、これからのクリエイティブな人々の活動のヒントを紐解きながら、互いの交流も深めていただきました。
集まってくださった皆さんの熱意がすごかったです!
IMG_7934.jpg

新しく試みたことの一つに、名古屋の5/R hall & Galleryさんでのコンサートがあります。
6月はイタリア人ピアニスト、Giovanni Alleviさん。
9月は南アフリカ人ピアニスト、Kyle Shepheredさん。
至高のピアノの音色が、生音にこだわり抜いたホールに響きわたり、心を打ちました。
IMG_2802.jpgIMG_2813.jpg
IMG_2484pb.jpgIMG_2478b.jpg

東京はじめほかの地区から来てくださったミュージシャンたちのライブの数々。

名古屋出身、現在は鎌倉を拠点にアーティスティックな唄世界を繰り広げるThe Cloudtailsさんのライブが今年最初のライブでした。


川嶋哲郎さんのバンドメンバーでもあり、超絶ジャズドラマー菅原高志さんのトリオでは菅原さんはじめ井上銘さんと山本連さんの若い二人の演奏に圧倒されました。
IMG_8199.jpg

僕の故郷でもある神戸から不思議なご縁でつながった田中智子さんは春日井のジャズピアニスト奥村俊彦さんとDUOで渋いアメリカンミュージックの雰囲気を纏った円熟味を感じさせる歌声に聴きほれました。
IMG_0118.jpg

男性と女性のヴォーカル、ラップ+ギターと言う面白い組み合わせのSkelt 8 Bambinoさんは初のアコースティックツアーの中間地点としてここond°を選んでくださり、チームワークのいい演奏を聴かせて下さいました。


山内アラニ雄喜さんはの2回、楽しくゆるく、そしてハワイアンミュージックの先駆者ならではの深みのある演奏してくださいました!
IMG_8500.jpg

地元のミュージシャンたちもond°だけの特別な企画で感動的な演奏をしてくださいました。
こどもたちを地べたに座らせ、象を呼び、夢を与えてくれたポリゴン楽団さん、
IMG_0961.jpg

今年のond°では最多の3回ライブをし、12月には「映画音楽の夕べ」と題した映像つきのライブで楽しませてくれたnaco with The ONEさん、
IMG_6466.jpg

東京からサーカスのメンバーでもあるマンハッタン・スリムさんを呼び、歌というものの可能性を無限に感じさせてれた宮田あさみさんの、Zsa Zsa Zsu
IMG_0961.jpg

3声の絶妙にバランスの取れたコーラスでジブリをはじめ様々なポピュラーミュージックを再現して見せてくれたSOLAさん、
IMG_6269.jpg

有言実行、東京で立派にプロになりパフォーマンスにも人間的にも深みが出てきた田内洵也くんの春日井凱旋レコ発ライブ
IMG_7974.jpg

尾張地区ではウクレレと言えばこの人、実家にもウクレレ工房を構える倉知誠さんのステージ位置を移した落ち着いたウクレレソロライブ
IMG_8114.jpg

Comodoをホームグラウンドと公言し、素晴らしい演奏をたくさん聴かせてくれたP-4kは7月で惜しまれながらも活動を終了。
7年間の思い出が次々によみがえりました。
IMG_9034.jpg

そしてNYから宮田朋子さんの凱旋ライブ。
ジャズの本場で活躍する朋子さんの、落ち着いた、深みのある歌声に酔いしれました。
たくさんの地元の応援者たちが駆けつけてくださいました。
強く堅い親子愛の感じられたライブでもありました。
IMG_7099.jpg

スタッフも企画し、頑張りました!
まちゃの「まっちゃりカフェ vol.0」ではサンドウィッチセットとケーキセットを提供しつつ、ソロで2ステージを唄い切り、


vol1では田内洵也くんをゲストに迎え、音楽を心から楽しむ姿を見せてくれました。


ond°音楽教室の先生たちも。
クラシックギターの宮下文夫先生、ウクレレのJUKEオカヨシ先生、三味線の茂木脩綱先生。
特に津軽三味線は初で、新鮮でした!


お客さん主催のイベントも刺激的でした。
「ちほう都市松本より春日井攻め」。
長野県松本市を拠点に活動するパフォーマーたちが攻めてきた!
初日は春日井では類を見ない本格的なアングラ劇場が繰り広げられ、2日目は異色のバンドたちの対バンライブの演奏があり、幅広い表現の数々に圧倒されつつも大いに盛り上がりました。


美味しいワインと食事がズラリと並ぶ、ond°の定番ワインパーティーも外せません。
秋のボジョレーヌーヴォー収穫祭では、英子ママとスタッフ香織ちゃんの新ユニットも生まれました♩


レギュラーのグループレッスン。
ハワイアンコーラス、カホンパンデイロ、書道、フラワー
着実に根付いてきて、皆さんの一体感も出てきました。


新たなワークショップやカルチャーレッスンも行いました。
ジャンベ親子ダンスジャズヴォーカルトイパーカッション弦交換アロマヘナタトゥー編み物


なかでもジャズヴォーカルで英語発音強化レッスンの横井祐子さんはロンドンから、ポピュラーミュージックに使えるトイパーカッションワークショップの山北健一さんは東京から、それぞれond°のコンセプトに共感した上でワークショップのご提案メールをくださったのが始まりで、痒いところに手の届く有意義なレッスンが実現しました。

音響機器メーカーZOOMのポータブルレコーダー講座も開きました。
レコーダーを置く位置や、スマートフォンとの連動など、少しでもいい音質で録るためのコツや、編集の仕方、録ったものを公開するまでのコツなどをわかりやすく説明していただきました。


ジャズセッションや練習会、そして岡安芳明さんを迎えたアドバイスつきセッションもあり、少しずつジャズで参加できる人たちも増えつつあります。



当店の柱、音楽教室の発表会
生徒さんもお客様も先生もスタッフも一体となり、親子共演などもあるアットホームな発表会となりました。


個人でピアノやサックスなどを教える先生による貸切の発表会も増えてきました。
それぞれの先生のカラーが出た、心温まる発表会の数々。


飛び入り演奏会は、昼夜共に増えてきて、夜は40組近くの出演者がいたことも!


チャレンジライブでは、飛び入りよりもクオリティが高い演奏で、聴く側にとっても演奏する側にとっても、価値のあるステージになりました。


年末は紅白歌合戦
多くの方の力を借り、音楽と笑いに溢れた楽しい忘年会になりました。


地域のイベントへの参加や、マーケットでの演奏も行ってきました。
大城児童館での歌謡ライブ


ドラムワークショップ


篠岡児童館での楽器作りワークショップ


西部コミュニティセンターでのライブ百時作家市


バンブーインスタレーションおおくさ


正直家朝市ライブ


など。

音楽によって人をつなげたいと言う一心で、たくさんの人がつながり楽しんでいただけるような空間づくりに励んできた一年でした。
広告や集客、システムづくりなど上手くやれていないことも多く、様々な面でまだまだ難しく厳しい部分もありますが、
本当に多くの方々に支えていただきながら一つ一つのイベントをこなしてきました。
来年は今年の経験を踏まえて、より一層地に足の付いた活動ができる一年にしたいと思います。

一年間支えてくださった皆さま、本当にありがとうございました♪

来年もどうぞよろしくお願いいたします!
ond°
甲斐 明俊
スポンサーサイト
| 2014.12 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ond°

Author:ond°
「ond°」は、A.K-onnect株式会社の運営する、音楽/カルチャー教室、ライブ/ワークショップ/イベント企画、楽器ほか音楽関連商品販売、レンタルスペース、カフェの総合カルチャーブランドです。

「ond°が大切にしている3つのこと」
ond°では音楽の3要素「リズムrhythm」「ハーモニーharmony」「メロディmelody」を、人生を豊か生きる方法に例えています。
1.rhythm くらしにねざす「習慣」 - 音楽・文化の習慣づけ
音楽・文化の種をじっくり育み、「楽しむ習慣」をくらしに定着していく。
豊かな人生の土台づくりをサポートしたいという願い。

2.harmony くらしによりそう「調和」 - 音楽・文化の環境づくり
無理のない音楽・文化環境や、人と人とがつながる出会いを生み出すこと。
楽しい気持ちや思い出を共有する喜びを提供したいという願い。

3.melody くらしにつながる「表現」 - 音楽・文化の
口をついて出るハミングから、高次元のパフォーマンスまで。
個性や感覚を自由に表現できる人生をサポートしたいという願い

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。