11月15日(土),16日(日) / ライブイベント「ちほう都市松本より春日井攻め 冬の陣」のお知らせ

2014.10.10 15:05|レビュー
11月15日(土),16日(日) / ライブイベント「ちほう都市松本より春日井攻め 冬の陣」のお知らせ
2014111516 松本春日井2014111516 松本春日井裏


舞踏、三味線、ギター、ディジュリドゥ、口琴、唄…
ジャンル/国境/世代を越えたパフォーマー達が集う。

長野県松本市より、アート感覚溢れた個性的なパフォーマーたちが春日井へやって来ます。
他にも名古屋、広島から参戦、7組のパフォーマンスが楽しめるスペシャルな2日間です!

出演者 /
1日目:キムG一家(舞踏と演奏) / かにえあきのり(三味線弾き語り) / 田中りえ(コンテンポラリーダンス) / 綾乃(人間戯曲)
2日目:Padge(Rock and life) / プレイトーンズ(歌とギター) / つちのこ家族(縄文系ジプシー夫婦ユニット) / The Naked Men(多国籍ガールズバンド)
日時 /
1日目:11月15日(土) 18:30開場 / 19:00開演
2日目:11月16日(日) 12:30開場 / 13:00開演
場所 / ond°(オンド)
料金 / 1日2,700円 / 2日4,860円
    (予約・当日共通/税込/ドリンク・フード別途)
※ご予約の方はチケットを発行しておりますので、店頭にてお代金と引き換えさせていただきます。

続きを読む >>

スポンサーサイト

9月10日(水) / カイル・シェパード ピアノソロ・コンサート @ 5/R Hall & Gallery 音楽ホール

2014.09.12 11:54|レビュー
冒頭の挨拶で、

「恐らく僕も含めここにいる皆さんが今までに体験したことのない、まったく新しい音楽」

と紹介させていただきました。
そして南アフリカから来た27歳の若きピアニストは、その言葉を遙かに超える形で具現化してくれました。

IMG_2461b.jpg


心を開放して、瞑想するように、身体全体で感じる音楽。
ホーミーや口琴のように宇宙を感じる音色の、南アフリカの民族楽器「Xaru(タル)」の演奏に始まり、50分間ノンストップのピアノの即興演奏は、ドラマ以上にドラマティックで、じっくりと心をマッサージしてほぐすように最後は音の世界へと心を解き放ってくれました。

IMG_2478b.jpg


哀しみは感じさせながらもそれを受け入れ生きるような、前向きな気持ちにさせてくれる不思議なパワーを持っていて、まるでカイル・シェパードという演奏家を媒体として、自然の持つ無限のエネルギーを注がれているようでした。
自然への賛美、南アフリカ人としての民族的アイデンティティが、記憶や無意識の領域にアクセスし、ヒト本来の感性を呼び覚まされました。

IMG_2484pb.jpg
IMG_2532bb.jpg
IMG_2516bb.jpg


「世界中を旅しているような感覚。」
「眠っているのに覚醒しているような感覚。」
「太鼓のリズムに合わせてダンスをしているような感覚。」
「大草原に寝転がって風を感じているような感覚。」
「初めて聴くのに不思議と懐かしい感覚。」

来場者のアンケートでは、それぞれに感じた自由な言葉でたくさんの感想をいただく事ができました。
わかる、とか、わからない、とかは大きな問題ではなく、どう表現していいかわからないような「何か」を感じ取って頂けて、これまでに経験したことのなかったような興奮がその文面からひしひしと伝わってきて、そのことが何よりも嬉しく勇気づけられました。

IMG_2566b.jpg


16歳でピアノを始めたというカイル。
従来のスタイルにとらわれず早くから表現すべきものを持っていた彼はまさに天才と呼べるアーティストですが、本来の文化が見えにくくなっている現代の日本人として、彼のような確固たるアイデンティティを持った人を紹介し、日本人としての誇りとルーツを呼び起こせるようなきっかけを今後も作っていきたいとあらためて思いました。
カイルが、また次回はond°で民族楽器タルを作って演奏する子供と大人向けのワークショップを是非企画したいと提案してくれました。
今からとても楽しみです!

今回の貴重なきっかけを下さった三ヶ田さん、
カイル・シェパードはじめ様々な海外の新しいミュージシャンを、日本へ紹介し続けるジャズベーシスト/プロモーター松永誠剛さん、
演奏はさることながら、強行スケジュールの中やさしく貴重な話をしてくれたカイルさん、
多大な協力を戴いたスタッフや友人、その他関係者の皆様、
今回も素敵な空間を提供してくださった5/R Hall & Gallery 音楽ホールの伊藤さんはじめスタッフの皆様、
そして、貴重な時間を取ってコンサートに足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました!

IMG_2572b.jpg

6月25日(水) / ジョヴァンニ・アレヴィ ピアノソロ・コンサート名古屋公演

2014.06.30 20:35|レビュー
どんな言葉もこの素晴らしいコンサートを表現しきれるものではないと思い、どうレビューを書こうか悩みつつ、皆様のアンケートやレビューで記されたストレートな感動の言葉が何よりもその素晴らしさを物語っていることに、素直に感激しているうちに日にちが経ってしまいました。

IMG_2802.jpg

とにかくこの名古屋公演は、相方甲斐(稲垣)英子のイラスト付コンサートパンフレットとともに、手作り感で満たされた印象深いものにしたいという気持ちでいっぱいでした。

IMG_2799.jpg

僕がこの名古屋公演を担当する際に、考えに考え抜いたキャッチコピー。

「こころが紡ぐ、ひとすじの木漏れ日」

既存の音源から感じ取れる魅力を元に、Giovanni Alleviという、この上なくナイーブな心の持ち主の、こころのままに紡ぎだすピアノの音色が、木漏れ日のようにキラキラと揺れながら聴き手の心を照らし出し、これまでに気づいたこともなかったような感情が呼び覚まされるという体験を、少しでも受け手に想起させるような言葉にしたつもりでしたが、それは想像以上のかたちで僕たちの眼前で具現化され、あたかもピアノ線がこころの琴線と同化して、彼の指が鍵盤を介して直接刺激してくるような新しい体験を運んでくれました。

IMG_87531.jpg

にこやかに手を振りながら登場し、日本語でのあいさつ。

「コンバンハ。
ナゴヤ ニ キテ クレテ ウレシイデス。」

これだけでもうオーディエンスの心を掴んでしまいました。

IMG_8760.jpg

1曲目「Cassetto(引き出し)」から15曲目「Il nuotatore(泳ぐ人)」まで、休憩なしの1時間10分。そしてアンコールは3曲15分。
曲紹介は自らの言葉で、という本人の希望で、マイクを使わずに曲名を紹介。
今回は初期の曲にスポットを当てたセットで、現在では廃盤となって聴くことができないアルバム「composizioni」からの曲が聴けて、すでにファンの方も楽しめるセットリストだったのではないでしょうか。
オーケストレーションを感じる重厚なアレンジの曲や、シンプルなフレーズが繰り返される前衛的な曲、キャッチーでメロディーが口ずさめる曲、超絶テクニックで躍動感あふれる曲、どれ一つとして同じタイプの曲がなく、Giovanniの引き出しの深さが存分に楽しめました。

終了後は、観に来てくれた一人一人のお客様と握手、サイン、写真会。
イタリアでは大スターの彼ですが、常に感謝の気持ちを持ち続け全く偉ぶることのない等身大の姿に、多くのファンから音楽と人間性が共に愛され続ける理由があるのだと思います。

IMG_2808.jpg
IMG_2811.jpg

お越しくださった皆さま、本当にありがとうございました!

今回、この大きな挑戦のきっかけをくださり、様々なサポートをしてくださった大城児童館の坪井さん、今回色々ご相談に乗っていただいたGiovanni Allevi日本布教の張本人であり、ミラノ在住音楽ジャーナリストの堂満さん、素晴らしいコンサートパンフレットのイラスト/デザインはじめ僕の足りない部分を全部埋めてくれた相方、細かい作業や力強い応援をで支えてくれたスタッフ、突然のお願いにも関わらず快く協賛してくださった皆さま(金山レディースクリニック様、有限会社A.C.Work様、クラブイタリア名古屋株式会社様、名古屋日伊学院様、株式会社ワイズホーム様)、素敵な会場をご用意くださった5/R Hall & Gallery 音楽ホールの皆さま、プロモーションでお世話になりました株式会社る・ひまわり様、FM Aichi様、株式会社アディスト様、チケットぴあ様、その他この公演を支えて下さった皆さま、本当にありがとうございました。

そしてGiovanni & Nada Allevi 夫妻、素敵な時間をありがとう!

IMG_2813.jpg
IMG_2818.jpg

最後に頂いたアンケートで印象に残ったコメントを紹介します。

『「Japan」…素晴らしい曲をありがとう!!
この素晴らしい曲に恥じないJapanであらねばと…。
この次も名古屋に来てください!』

2014年6月イベントレビューリンク集

2014.06.30 20:20|レビュー
6月1日(日) / 倉知 誠 夏のウクレレ・ソロ・コンサート
IMG_8127.jpg

6月6日(金) / 菅原 高志 × 井上 銘 × 山本 連 トリオ ジャズライブ!
IMG_8202.jpg

6月7日(土) / チャレンジライブ!!vol.12
IMG_8319.jpg

6月10日(火) / 飛び入り演奏会!昼
10365402_665427676883244_9213320346899015007_o.jpg

6月14日(土) / 山内"Alani"雄喜 × Juke オカヨシ × ハワイアンブリーズ Hawaiian Concert
IMG_8500.jpg

6月15日(日) / カホンワークショップ
IMG_2601.jpg

6月20日(金) / お気軽じゃず研セッション
IMG_2719.jpg

6月21日(土) / デュオ・カリヨン
IMG_8657.jpg

6月22日(日) / ジャズヴォーカルで英語発音強化レッスン1
IMG_8677.jpg

6月28日(土) / 親子で☆ダンスレッスン
IMG_2856.jpg

6月28日(土) / 飛び入り演奏会!
IMG_3004.jpg
| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ond°

Author:ond°
「ond°」は、A.K-onnect株式会社の運営する、音楽/カルチャー教室、ライブ/ワークショップ/イベント企画、楽器ほか音楽関連商品販売、レンタルスペース、カフェの総合カルチャーブランドです。

「ond°が大切にしている3つのこと」
ond°では音楽の3要素「リズムrhythm」「ハーモニーharmony」「メロディmelody」を、人生を豊か生きる方法に例えています。
1.rhythm くらしにねざす「習慣」 - 音楽・文化の習慣づけ
音楽・文化の種をじっくり育み、「楽しむ習慣」をくらしに定着していく。
豊かな人生の土台づくりをサポートしたいという願い。

2.harmony くらしによりそう「調和」 - 音楽・文化の環境づくり
無理のない音楽・文化環境や、人と人とがつながる出会いを生み出すこと。
楽しい気持ちや思い出を共有する喜びを提供したいという願い。

3.melody くらしにつながる「表現」 - 音楽・文化の
口をついて出るハミングから、高次元のパフォーマンスまで。
個性や感覚を自由に表現できる人生をサポートしたいという願い

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ